結婚式の二人

人気な素材

ダイヤの指輪

街中を歩いていると、左手薬指に結婚指輪を付けている人を多く見かけますが、その多くは、白銀色をした指輪を付けていることでしょう。それを、「シルバー」と捉える方もいるかもしれませんが、白銀色の結婚指輪の多くは、「プラチナ素材」となっています。
プラチナとは、希少価値の高い素材であり、その希少性はゴールドよりも高いとされています。更に、プラチナとはかなり丈夫であり、変質しにくいことから、人気を集める素材でもあります。高湿にも強く、アルコールや酸などの影響も受けにくいことから、永遠の輝きを保てる宝石として多く利用されているのです。
そんな永遠の輝きを保てる素材を結婚指輪に用いようと、多くのカップルが結婚指輪の素材にプラチナを選びます。

結婚指輪に使われる素材として「プラチナ」は高い人気を誇りますが、プラチナ以外にも、「ゴールド」があげられます。このゴールドも、プラチナに次いで人気を集める素材となっているのです。
ゴールドとは、パッと目を引く素材でもあります。また、熱や湿気に強く、劣化しにくいことから、半永久的にその美しさを保つこともでき、太古の昔から多くの人々に愛されてきた貴金属でもあるのです。気品あふれるその魅力に魅了される方は多く、あのクレオパトラも、こよなく愛したとされています。
こうした理由から毎日付ける結婚指輪にも多く用いられ、それは人気を集めるデザインの一つとなっています。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all 永遠の愛を誓い合った証となる結婚指輪の選び方 reserved